タンドラとは?

TUNDRA(タンドラ)とは、US TOYOTAが販売するフルサイズピックアップトラックです。
先代のT-100後継モデルとして1999年に登場。日本の日野自動車が開発しました。

当時は限定での生産予定でしたが、予想外の大ヒットで生産を大幅に拡大。
タンドラの名をアメリカ全土にとどろかせ、同時に今続く、トヨタ不動の人気を引っ張るモデルとなりました。

エンジンは、世界中で人気のランドクルーザー100と同じ2UZ-FE(4700ccガソリンエンジン)がメインで、静かで超快適なこのエンジンは、フル積載でも変わらない加速フィーリングでパワーは申し分ない。キャンパーを牽引することを前提に作られているためだ。

そして2007年にフルモデルチェンジ。
エンジン、フレーム、足回り、全てにおいて大型化が図られ、完全フルサイズ設計となった。
販売を伸ばしていたビッグスリーの牙城を大きく揺るがすまでに至る。
飛躍的な人気となった新型タンドラは、フルサイズピックアップトラック界で不動の地位を確立した。
乗り心地は、日本国内のトラックと比べるには土俵が違うのは言うまでも無い。
アメリカでは、広大な台地を高速で安定走行するには必要不可欠な剛性と乗り心地を追求されているのです。

荷台と客室は数種類のラインナップがあり、用途によりチョイスが可能だ。
詳細とコロンブスのタンドラ在庫はこちらから >>

日本国内では未発売のモデルだが、エンジンをはじめ共用部品も多く、消耗品や各パーツの入手は比較的容易なのです。

国内未発売の逆輸入で、安心信頼感のある車両と、迫力あるアメリカンな気分を、ダブルで満喫してみてはいかがですか!

US TOYOTA タンドラのページはコチラ >>